高知 時計修理|ケイウォッチワークスの日常

有名デパート=安心では無いな~の実感


パテックフィリップです!ホワイトゴールド、ダイヤベゼルの超高級時計です。

高知のデパートで購入したそうです。購入後直ぐに不具合があり修理依頼をお願いしたそうです。その後も定期的にメンテナンスは、購入したデパートに依頼されてたとの事です。




裏ブタを開けてビックリです!!

超高級時計のネジがズタズタです。

ムーブメント裏側のネジも傷だらけです!!



外したであろうネジは全て傷だらけです(^_^;)

購入して直ぐの不具合はリューズ抜けだったらしいです。その痕跡がオシドリネジに見られます。明らかにオリジナルではありません。ヴィンテージ時計として購入された物らしいので........(^_^;)

ネジ磨きと、オシドリネジの作製が必須となりました。はぁ~(*´Д`)




ダメ押しに針もこの状態です。はぁ~~~~(^_^;)



黒いネジが不良ネジ、手前が新規作成ネジです。

作成過程を撮り忘れてます>>>>というか、直しが多くてそれどころじゃなかった感じです(^_^;)



はい、ネジも磨きました>>>>ネジを磨くのは地味な、チマチマした作業です💧💧



針も磨きました、量産時計のようなメッキ張りではなく無垢針だったので磨けました。

すみません、磨き後の針の写真も撮り忘れてました(^_^;)


最後の写真はベゼルのダイヤです。ダイヤは傷が着きませんので安心です。

いやいや、そんなことが言いたいわけじゃありません。

お分かり頂けますでしょうか?

ダイヤモンドがメチャクチャ綺麗なんです。パテックフィリップに使用されるダイヤはClarity(透明度)がInternally Flawless(IF)のダイヤのみらしいです。このグレードは石の内部無欠点の石です。このグレードの石のみを敷き詰めるって、凄すぎるんです。

だからパテックフィリップなんです!!


パテックフィリップを修理するものは、ブランドのポリシーや、ブランドの価値をきちんと理解していない方が修理をすると、この様な事になってしまいます。


お客様としては、当然メーカーに依頼しているものだと思われていたらしいです。

でも、明らかにメーカーに依頼していない事は間違いないです。

この時計は、外商から購入されたらしいです。考えられることは、デパート本部の工房で行われたか、取引のある外注工房で行ったか、どちらかに間違いはないでしょう。


お客様の目に入ることはありませんが、時計の価値を下げている事に間違いは無いです。


時計の価値を落とさない修理をケイウォッチワークスは行ってまいります。










362回の閲覧